太陽光発電システムを活用した投資!野立てならエコライフ

太陽光発電システムは全量買取制度が導入されているため、「投資」の1つとして運用することができます。一般的には野立て太陽光発電と言われています。これは土地や空き地、農地、駐車場を有効活用することです。事業として本格参入する人向けのサービスですので、初期費用はかなりの額がかかります。

もちろん野立て太陽光発電に必要な費用は、取り扱い業者によっても大きく変動しますが、1kwあたり30万円前後と理解しておけばいいでしょう。設置する土地の面積次第ですが、本格参入する事業者の方は初期費用1,500万円、回収期間10年を目途に産業用太陽光発電を設置しています。

初期投資をカバーするまでには10年ほどかかりますが、それ以降はメンテナンスや修理費用を除けば利益となります。長い目で見れば随分と割の良いエコ投資と言えるのではないでしょうか?当然ですが、かけられる費用に応じて初期投資額も抑えられるため、興味があれば専門業者へ問い合わせてみるといいです。http://www.eco-life-co.jp

野たての事ならエコライフ【http://www.eco-life-co.jp】という会社が、コンサルティングから施行、アフターフォローまで請け負っています。公式ホームページには全量買取固定制度についてのコラムが掲載されておりますので、基本的な知識がまだ身についていない方は参考にしてみてください。中々に魅力的な商品ですよ。

産業用の太陽光発電ってどんなもの?

発電システムは色々な方法がありますが、やはりエコで安全性も高いといわれているのが、太陽光発電です。太陽光発電は各家庭でも導入されていて、家庭で使用する電気は各家庭でも賄えるようになってきています。

太陽光発電は産業用としても今注目をされています。工場の屋根に太陽光発電を導入できれば、大幅に電気代のコストも削減します。また太陽光発電を導入して、もしも電力が余ることがあれば、その電力を売れる仕組みが今は整っています。工場に限らず、オフィスビルなどで使用しなかった電力は買取をしてもらう…というような仕組みを作り上げれば、太陽光発電を導入した際に必要となった費用も、売上げで賄えるのではないでしょうか。

短期で考えると導入にはコストがかかるし、大幅な工事が必要になって大変なところばかり…と思うかもしれませんが、長期的に考えて太陽光発電のよさを見てみてください。長い目で見れば、コストがかかった太陽光発電の導入も元が取れると思いますし、電気代が安くなるだけではなく、その売った分で収入を得られます。産業用は大掛かりな工事になりますので、産業用の太陽光発電を得意とする業者に相談して、導入を考えてみてはどうでしょうか。